ページに戻る
 

保険治療について

イメージ

治療には、健康保険が使える症状と使えない症状があります。

健康保険が使える症状

ねんざ、挫傷(肉離れ)、急性の打撲

骨折、不全骨折、脱臼は緊急の応急処置の場合は施術できますが、それ以外は医師の同意が必要です。

健康保険が使えない症状

肩こりなどの日常生活からくる症状、労災保険での治療など

運動などによる肉体疲労や筋肉痛、肩こり、病気(神経痛、関節痛、ヘルニアなど)からくる痛み、病院で治療中のものは健康保険証が使えません。また、勤務中・通勤途中のケガは労災保険での申請手続きが必要です。

イメージ

〜保険治療を行うにあたって〜具体的なケガの原因を確認しましょう

「いつ」「どこで」「どんな時に」「何をしていて」

ケガをされた場合は、「いつ」「どこで」「どんな時に」「何をしていて」といった原因を具体的に把握し、伝えてください。
原因がハッキリしないケガに対しては、施術証明書や傷病手当金、休業補償金の申請書の発行ができません。各種保険の適用もできなくなるのでご注意ください。